by midoriprincess

通訳学校の進級結果がきました

約1週間後に郵送で結果が届きますというお知らせのもと、買い物から帰ってきたらポストに見覚えのある(何回見たことか?)封筒が…。進級結果が届きました。



c0026279_18592561.jpg

(仮)という言葉がとっても気になりますが、進級可能!!ということで晴れて本科様の仲間入りをすることができました。これまでいったい何度「同じレベルを履修」という文面を見続けたか…046.gif(遠くを見つめる目)

次のクラスまで上がるのは1年半~2年という短期的な目標だったにも関わらず、気が付いたら中期目標に変わっちゃってました!!大変だ。ということは今後の目標設定も変えていかなくてはならないのかもしれない…。

ブログにはあまり後ろ向きなことは書きませんでしたが、本当に進級できなかったことの落ち込みは徐々に失望が大きくなってその後、変な焦りにも変わって夢でうなされることとかありました。最後には半分あきらめの境地かな。学校の成績だけにこだわるのも意味はないし、学校に行ってなくても通訳の仕事でしっかりと実績を積んでいる人もいるのでこれまで自分の選んだ方法が正しかったかどうかはわかりません。でも実際、社内通訳の仕事にたくさん応募しても1社たりとも雇ってくれる会社はなかったしなぁ。

普通の人だったらとっくに辞めてしまうようなことをどうしてこんなに長々と続けることができたか…と考えてみると3つ思い当ります。

1.尊敬できる、そして相性の良い先生との出会い
2.自分とほとんど同じレベルで気が合ういつも戦友のようなクラスメートの存在
3.私生活において勉強を継続していけるだけの時間とお金の余裕。

(補足するとお金の余裕というのは、子供がいないので教育費がかからない、家などのローンがない、特に趣味がない、ショッピング興味ナシ…ということで自分が稼いだお金は通訳学校に注ぎ込めるっていう意味で)


ある意味でラッキーだったと思います。その反面、これだけ恵まれた条件があったために切羽詰まる、追い込まれる状況になることがなくて長く惰性のように続けてしまったとも言えるような気もします。なかなか頑張っていても上達しなかったり結果が出ないことがずっとあっても、とにかくコツコツと勉強を続けていれば何か形になると期待してこれからも頑張りたいと思います最後に先生のコメントが辛辣で面白かったので

midorinさん
日英、英日とも訳出は「まぁまぁ」という印象です。より質の高い通訳パフォーマンスを目指してほしいと思います。英→日については、「大崩れ」する時はとんでもない誤訳になるので精度を上げるよう頑張ってください。

担当講師より


いくら英語が聞き取れなくてもとんでもない作り話をもっともらしく通訳するのは厳禁です!!
[PR]
by midoriprincess | 2012-02-25 20:25 | 通訳学校